Binaural LIVE powerd by Live Extreme 配信チケットページ

Return Store Top

【振替公演】井澤章典の わかりやすいうた 番外編 ~おっきいのんとちっちゃいのんとほっそいのん~

本イベントは、2022/8/7より延期となったイベントの振替公演です。
(2022/8/9 15:00 LURUHALL)


名称:井澤章典の わかりやすいうた 番外編
  ~おっきいのんとちっちゃいのんとほっそいのん~
日時:2023年1月8日(日)
   開場:13:30 開演:14:00
会場:LURU HALL
   和歌山市狐島298-1FOXYテラス1F
出演:井澤章典(テノール)、清水俊徳(テノール)、河内仁志(ピアノ)
申込:
【会場チケット】5000円(1ソフトドリンク付)
  WEB申し込み:https://luruhall.zaiko.io/e/20230108A
  電話申し込み:073-457-1022(LURUHALL 11時~18時 水木曜定休)
【配信チケット】3000円(1週間アーカイブ付、高音質ハイレゾ×バイノーラル配信)
  WEB申し込み:https://econtent.jp/store/luruhall


=プロフィール=
井澤 章典 Akinori IZAWA テノール
大阪芸術大学芸術学部演奏学科声楽コース卒業。同大学卒業時に演奏学科賞を受賞。声楽部門首席。故・藤原薫、三原剛の両氏に師事。第8回高槻音楽コンクール第一位。併せて高槻市長賞を受賞。第4回フランス音楽コンクール審査員賞を受賞。演奏家集団Gruppo Acqua in Bocca!!!(GAIB!!!)を主宰し、演奏会を企画するなど、精力的に活動を続けている。GAIB!!!代表。神戸市混声合唱団団員。男声アカペラヴォーカルアンサンブルDynaGoNディレクター。上方オペラ工房メンバー及び合唱部長。D&DEPARTMENTLABEL所属。 オペラでは2007年に、マスカーニ作曲「友人フリッツ」タイトルロールなど多数出演。演奏会ソリストとしてもベートーベン第九や、モーツァルトレクイエム、ワルプルギスの夜など多数出演。2017年11月のLURUHALL公演が好評につき、続編を開催。

清水 俊徳(テノール)
京都市立芸術大学声楽専攻卒業後、ロームミュージックファンデーションの奨学生として渡欧し、ウィーン国立音楽大学研究課程リート・オラトリオ科卒業。卒業後はアルノルト・シェーンベルク合唱団(ウィーン)や、神戸市混声合唱団に所属し、多くのオペラ公演や演奏会に出演。第18回友愛ドイツ歌曲コンクール第2位。ベートーヴェン『第九』や、モーツァルト『レクイエム』・『戴冠ミサ』などのテノールソロを務める。オペラにおいてはモーツァルト『魔笛』タミーノ、『フィガロの結婚』ドン・クルツィオを演じる。現在、日本シューベルト協会会員。ドイツ歌曲を中心に活動中。

河内 仁志(ピアノ)
兵庫県立西宮高等学校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部卒業。Ecole Normale musique de Parisにて研鑽を積む。
 第8回兵庫県学生ピアノコンクール県大会D部門(中学生の部)最優秀賞、兵庫県知事賞受賞。第55回全日本学生音楽コンクール大阪大会ピアノ部門高校の部第1位。全国大会出場。第75回日本音楽コンクールピアノ部門第1位。併せて野村賞、井口賞、河合賞受賞。第12回マウロ・パオロ・モノーポリ国際ピアノコンクール(イタリア)第3位、聴衆賞受賞。  大阪NHKホールにてN響メンバーと「新進演奏家の出会い“クラシック大好き!”」に出演。他にも東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、NHK交響楽団、四芸祭オーケストラ、京都市交響楽団、神戸市室内管弦楽団、Orchestra Sinfonica della Provincia di Bari、飯森範親、北原幸夫、松尾葉子、増井信貴、佐藤俊太郎、Guiseppe La  Malfa、Rudiger Bohn各氏と共演。  2001年からの地域でのコンサート活動に対し、2008年社会福祉法人神戸社会福祉協議会より感謝状を授与される。東京、関西各地(兵庫、大阪、京都)でリサイタルを行う。 これまでに坂本恵子、徳末悦子、佐藤俊、田隅靖子、坂井千春各氏に師事。 兵庫県立西宮高等学校音楽科、京都市立芸術大学音楽学部非常勤講師。神戸市混声合唱団専属ピアニスト。OTOYAエンターテイメント所属。

Ticket and SerialKeys included in this product

シリアルキー 配信チケット (ハイレゾ×バイノーラル録音)
1pcs

配信品質:[音声]96kHz24bit or 48kHz24bit (lossless) / [映像]1920x1080p(FullHD)


■業界史上最高音質のインターネット動画配信システム「Live Extreme」
従来の動画配信プラットフォームは映像が高解像度であっても、音声はAACなどで不可逆圧縮されている場合が多く、音質面で十分満足できるものではありませんでした。コルグが開発した「Live Extreme」は、コルグがこれまで培ってきたオーディオ技術やインターネット・ストリーミング技術を活かし、最大4Kの高解像度映像とともに、ロスレス・オーディオやハイレゾ・オーディオ (最大 PCM 384kHz/24bit および DSD 5.6MHz) をライブ配信できる世界初(※1)の画期的なシステムです。
※1 サンプリング周波数96kHzを超えるハイレゾ・オーディオに対応した動画配信システムとして(コルグ調べ)
https://live-extreme.net/about.html

■配信プラットフォーム「eContent」
最高品質の映像と音楽を届ける。高度な技術でアーティストを支える配信サービス
https://econtent.jp/

■Binaural LIVEとは
Binaural LIVEは、バイノーラル録音による高音質・高画質のライブストリーミングサービスです。ライブ会場で生の耳で聞くような自然な音そのままに、全方向立体的に広がるリアルなライブ空間をお楽しみいただけます。イヤホンまたはヘッドフォンで視聴いただくことで会場にいるような臨場感、例えばアーティストの息づかいや、客席の気配まで、360度から音を感じる体験ができます。LURUHALLのバイノーラル録音システムは、サザン音響製 SAMREC 2700Proのダミーヘッドをベースに内部を医療用の特殊なジェルで充填する事でさらに生身に近づけ、収音マイクにドイツの名門SCHOEPS製マイクカプセルを搭載した、音楽をバイノーラル録音するための世界に1体だけのカスタムバイノーラルマイクです。音楽のダイナミズムを繊細かつ緻密に、しっとりと密度の高い音で立体的に収録可能なライブ配信システムを実現しています。
http://luru.jp/hall/about/binaurallive

■LURU HALLについて
LURU HALLは紀州天然木材による反響板をふんだんに採用したコンパクトな音楽ホールで、2020年3月より全公演で有料バイノーラル配信サービス「Binaural LIVE!」をスタートさせ、臨場感のあるバイノーラル生配信を行う音楽ホールとしては国内最多の実績があり、今後とも良質のライブ配信を通じて、新たな音楽文化の楽しみ方を創りあげていきます。


【スマートフォンでチケット購入される方へのご案内】
チケットをご購入される際にはアカウント作成とログインが必要ですが、一部スマートフォンのメッセンジャーアプリ内臓ブラウザなどで開いた際、ログイン情報が保持されず、購入画面に進めない場合がございます。お手数ですが、当ページのURLをChromeなどのブラウザアプリで開きなおしてログイン後、購入手続きをしていただけます様お願い申し上げます。


Price 3000JPYincluded TAX

Login

Sales period:July 15, 2022, noon~Jan. 15, 2023, 11:59 p.m.